BLOG

ARCHIVES

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間 公開中です!

Date.2017 01 18 Author.CA4LA.COM

「ジャズ界の革命児」「ジャズの帝王」と称されるマイルス・デイヴィスの空白の5年間を描いた映画、

『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』
が全国で公開中です。

ということで公開初日にTOHOシネマズシャンテに見に行ってきました。

MILESAHEAD_1.jpg

初日の初回ということもあり会場は満席。

1950年代から1980年代まで長く活躍したミュージシャンで、

後世にも多大な影響を与えているということもあり、

観客も年配の方から若い方まで幅広く、足を運ばれておりました。

マイルスの音楽が現在でもたくさんの方に愛聴され、

影響を与え続けているんだということを実感しました。


初日の初回は今作の音楽を担当し、

ちょうど来日公演の真っ最中だったロバート・グラスパー

舞台挨拶に。

MILESAHEAD_2.jpg

彼もマイルスに多大な影響を受けており、

この日来ていたTシャツは「#SOCIAL MUSIC」の文字が!

これはマイルスが「俺の音楽をジャズと言うな、ソーシャル・ミュージックと呼べ」と言ったことに由来しているのだと思います。

そしてトークでは、マイルスはひとりの優れたトランペット奏者、というのではなく、 アイディアそのもの、自由、恐れない心、進化、前進、といったあらゆるアイディアをくれる存在だと語っていました。

そして、この映画をオープンマインド(自由な発想)を持って見て欲しいとも。



私はロック側からマイルスに触れ始めたので、

アルバムとしては『オン・ザ・コーナー』『ライブ・イブル』
『ビッチェズ・ブリュー』『イン・ア・サイレント・ウェイ』
『スケッチ・オブ・スペイン』『カインド・オブ・ブルー』と少しずつ遡って聴いてはいますが、
そのディスコグラフィーは膨大な数になるのでもちろん全ての作品を聞いてはいません。



しかしそんなマイルスビギナーの私でも、

1975年から1980年の間に長いブランク期にどんなことが起きていたのか、

そしてそこからどのようにしてカムバックしていくのか、

フィクションを交えながら進んでいくドラマにのめり込むことができました。



マイルスのことを知らなくても、
ひとりの天才ミュージシャンのドラマとして楽しめる作品。

音楽も素晴らしいので、
ぜひそのストーリーと音楽を味わってみてはいかがでしょうか?



そしてCA4LAでは『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』とのコラボレーションアイテムを各店で絶賛発売中です!

マイルス風にブリムを下げて被るのがオススメです。

こちらも合わせてチェックしてくださいね!

MILESAHEAD_hat.jpg

16 MILES AHEAD × CA4LA HAT
¥8,964(税込)

公開から約一月、

上映館が続々と増え、

都内では以下の映画館で現在公開中。

立川シネマシティは、この映画館の特徴のひとつでもある
極音上映で本作を公開しているので、
こちらでの鑑賞もオススメです。

TOHOシネマズシャンテ

渋谷シネパレス

立川 シネマシティ/CINEMA TWO

TOHOシネマズおおたかの森 1/27(金)まで

パンフレットには劇中挿入楽曲のリストや、

マイルスの経歴なども詳しく掲載されているので読み応えがあります。

MILESAHEAD_3.jpg

鑑賞後に本作の内容やマイルスの楽曲について、
マイルスの生い立ちについて、
など一気に知りたくなった...
という方は買って損はないと思いますのでこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

ARTWARP x CA4LA

Date.2016 12 22 Author.CA4LA.COM

今シーズンよりCA4LAでは2016年にスタートした新進気鋭のブランド

〈ARTWARP(アートワープ)〉とコラボレーション。

ボアキャップベレーの2アイテムを先日より発売しております!

ARTWARPからコラボレーションし製作したベレーの
最新ビジュアルが届いたのでご紹介いたします!

モデルはコムアイ(水曜日のカンパネラ)、ほないこか(ゲスの極み乙女)、
SEIKI(COCOBAT)などミュージシャンを中心とした多彩な顔ぶれ!

ARTWARP_img3.jpg ARTWARP_img7.jpg ARTWARP_img1.jpg ARTWARP_img2.jpg ARTWARP_img4.jpg ARTWARP_img5.jpg

絶賛CA4LAオンラインストアで発売中です!

ARTWARPのオンラインストアでは帽子ももちろんビジュアルで着用しているウェアも発売しております!

ぜひチェックしてみてください!


ARTWARPはミュージシャンのアーティスト写真やライブ、メディア出演時の衣裳としてもよく使われており、

最近だとこちらのアーティストたちが着用しております。

・the chef cooks me
ASIAN KUNG-FU GENERATION、後藤正文のソロ"Gotch"、などでバンドのサポートメンバーとしても活躍するsimoryoが所属するバンド。 2017年最初のワンマンライブを控え、Turntable Filmsとのスプリット音源も発売中の the chef cooks me の新しいアーティスト写真や、、、

Our Brandnew Photograph By @tetsuyayamakawa #thechefcooksme #tccm #無何有郷 #artwarp

the chef cooks meさん(@tccm_official)が投稿した写真 -

元BiSで今は様々なフィールドに活躍の場を広げているテンテンコちゃんの「次郎」のMVも!

様々なミュージシャン、アーティストから支持を集める新進気鋭のブランド〈ARTWARP〉

要注目です!

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に @ 新宿武蔵野館

Date.2016 12 13 Author.CA4LA.COM

IMG_5365.jpg

リチャード・リンクレイター監督の最新作『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』が全国公開中!

新宿の老舗映画館、新宿武蔵野館が耐震性補強と改装のため一時休館となっておりましたが、
『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』の公開と共にリニューアルオープン!

というわけで久々の新宿武蔵野館に『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』を鑑賞しに行ってきました。

IMG_5371.jpg

前作『6才のボクが、大人になるまで。』も武蔵野館で上映してて、
そのときもここに来ましたね。
他にもたくさんの作品を見てきた武蔵野館リニューアル!
おめでとうございます!

IMG_5369.jpg

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は『6才のボクが、大人になるまで。』の精神的続編とでもいうべき作品で、前作では6〜18才までを描いていたのに対し、
この作品では大学が始まる直前の3日間を描いた青春グラフティ・ムービー。


ストーリーは新学期を3日後に控えた奨学生の野球部員ジェイクが、期待と不安を胸にシェアハウスとなっている野球部の寮にやってくるところから始まります。
講義が始まるまでの3日間、先輩野球部員や同じ新入生たちと、酒、ナンパ、ディスコ、恋愛、とめまぐるしい時間を過ごしていく。

主人公ジェイクの存在感以上に、
脇役の俳優たちが生き生きと演じていて最初から最後まで見ていて飽きない、
むしろ作品が終わったあとも、いつまでもこのキャストの演技を見ていたい、
そんな風に思わせる作品でした。

18〜22才の青春時代に考えていることは時代が変わっても、
同じようなことを考えているんだな、なんて思いつつ。

そこにリチャード・リンクレイターお得意の音楽使いでシーンを盛り上げてくるのもたまりませんでした!

リンクレイター監督の作品は劇中での音楽の使い方も魅力の一つで
音楽ファンにも最高に楽しめる作品が多いです。

2003年の代表作の一つ『スクール・オブ・ロック』ではAC/DC、KISS、Led Zeppelin、Cream、The Ramones、The Whoといったバンドの往年の名曲やThe Black Keys、THE DARKNESSといった当時注目されはじめていたバンドの楽曲が使われていました。

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は1980年が舞台。
ロックだけでなくさまざまなジャンルの当時のナンバーが映画を彩っています。
使われているトラックはオープニングのザ・ナックのマイ・シャローナに始まり、チープ・トリックの「I want you to want me」、映画タイトルでもあるヴァン・ヘイレンの「Everybody Wants Some」、シュガーヒル・ギャングの「Rapper's Delight」など。

※車でシュガーヒル・ギャングをかけるシーン。ここ最高です!

舞台となる時代背景や音楽、キャストの演技と
楽しみどころ満載の『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』

新宿武蔵野館では今週いっぱいの上映となるようです。
駆け込みでもぜひ劇場でチェックしてみてくださいね!
地方はこれから上映というところもたくさんありますので、オフィシャルサイトでチェックしてみてください。

そしてコラボレーションキャップも好評発売中です!

AKI02084_BLK.jpg

EVERYBODY WANTS SOME!! x CA4LA CAP [AKI-02084]
5,724円(税込)

個人的にはCheap Trickの音源がLive at 武道館のものを使っていたところと
まあなんと言ってもあのエンドロール...!がハイライトでした!

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

cart online shop
ページトップへ