BLOG

ARCHIVES

ロンドンでバレエ鑑賞!

Date.2017 02 10 Author.FROM LONDON

日本の皆さん、こんにちは!

ロンドンは2月になっても寒い日々が続いていますが、
日本は立春を迎え、少しずつ寒さが和らぐ頃でしょうか?

blog20170210_1.jpg blog20170210_2.jpg

 肌に差すような寒さの中でもびくともしない衛兵にはいつも感心します。





私はイギリスの寒い冬は室内で楽しめる芸術鑑賞に身を投じています!


以前、ブログでも紹介したTate Modernなど美術館へ足を運ぶこともありますが、劇場にバレエやミュージカルを観に行くことも多いです。


ということで、今回はロンドンで楽しめるバレエについて書いてみようと思います。



突然ですが、皆さんはバレエを鑑賞されたことはありますか?


バレエというと敷居が高く、チケットも高価で気軽に観に行けないイメージが強いかもしれません。


私も最初はそういう印象を持っていましたが、
実際はとても気軽に楽しめる芸術なのです!


たとえば、ロンドンの英国ロイヤルバレエ団のチケットは多様な値段設定で、比較的安い席だとお友達とランチに行くのと同じ位の値段だったりします。


お客さんの年齢層や国籍も様々でバレエという芸術がより身近に感じられるのがとても魅力的です。



ロンドン市民にとって一番馴染みのあるバレエ団が先ほども例に挙げた英国ロイヤルバレエ団 (http://www.roh.org.uk/) 。

イギリスで一番歴史の長いバレエ団で、白鳥の湖や眠れる森の美女などの古典作品だけでなく、新作の現代バレエも毎年のように世に送りだす世界三大バレエ団の一つです。
(世界三大バレエ=ボリショイバレエ団(ロシア)、パリオペラ座バレエ団(フランス)、英国ロイヤルバレエ団(イギリス))


日本人も数多く在籍するバレエ団で、過去には熊川哲也さんや吉田都さんなども最高位のプリンシパルとして活躍されていたカンパニーです。

実際に上演されるバレエは撮影禁止なので、今回はオペラハウスの中の写真をシェアしたいと思います!

blog20170210_3.jpg

まずは客席、半円型になっているのが特徴で、
それ故舞台が死角になる席が多いのですが、
そんな席は比較的手ごろな価格なので、
バレエ初心者の方にもお勧めです!

blog20170210_4.jpg

水色とゴールドの装飾が美しい天井。

blog20170210_5.jpg blog20170210_6.jpg

座席の周りは彫刻やランプで飾られています。

blog20170210_7.jpg

そして、舞台です。バレエの歴史に名を残す名演がこの舞台で繰り広げられてきました。

今回観劇したのはバレエ団の常任振付家ウェイン・マクレガーによるChroma, Multiverse, Carbon Lifeの三作品です。

blog20170210_8.jpg

ウェインは世界を股にかけて活躍するイギリス人の現代バレエの振付家の一人です。
その独特な振り付け方法と様々な分野のアーティストとのコラボレーションが常に話題を呼んでいます。

この動画を見るとウェインの振り付けがいかに"いい意味で"変わっているかということが良く分かると思います。


今回は三作品全て普段はバレエ音楽以外のジャンルで活躍するミュージシャンとのコラボレーションでした。

Chromaはバンド、ザ・ホワイトストライプス、Multiverseはミニマルミュージックのパイオニア、スティーヴ・ライヒ、Carbon LifeはUptown Funkなどで知られるマーク・ロンソンの楽曲が使用されており、三者三様の魅力がさく裂した音楽も楽しみの一つです。

こちらはChromaの舞台映像なのですが、このパフォーマンスを生で見た時は鳥肌が止まりませんでした!

ウェイン・マクグレガーの作品はバレエの専門的な知識がなくても楽しめるので個人的に一押しの振付家です!!


ロンドンではロイヤルオペラハウスの他にもロンドン・コロシアム(http://www.ballet.org.uk/) 、サドラーズウェルズ劇場 (http://www.sadlerswells.com/) などでも様々なバレエが上演されています。
ロンドンにお越しの際は、世界レベルのダンスパフォーマンスを非日常的な空間で楽しんでみてはいかがでしょうか?

blog20170210_9.jpg

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』本放送を終えて...

Date.2017 01 27 Author.PRESS

1月27日(金)21時の『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』の放送を終え、

今回製作したアイテムの公開が解禁になりましたので

ブログでも再度ご紹介したいと思います!!

blog20170127_tokorosan_2.jpg

今回、実はデザイナーの白石、橋本、そして私(プレス高橋)で

スタジオ収録にもお邪魔させていただきました!!

blog20170127_tokorosan_3.jpg

3人とも番組セットを見ただけでテンションが上がり、

小さい頃からTVで見ていた所さんがスタジオ入りしたときには
感動で声にならず、

収録がスタートして製作したCAPが登場した時には

緊張のあまり汗が止まらない状態に。笑

blog20170127_tokorosan_1.jpg

当初は1型のみ製作予定でしたが、

余ったスニーカーがもったいないということで

最終的には2型製作させていただきました。

まず1つ目はアメリカンヴィンテージを感じさせるシックなデザイン。

blog20170127_tokorosan_5.jpg

後頭部には子供用の靴についていたゴム紐部分を使用しサイズ調節を可能にし、
蛍光塗料がついていたエアジョーダンを使用したツバは
暗闇で光るという機能性を生かしたデザインに。

もう1つは、毎日被っても飽きのこないデザインがテーマ。

blog20170127_tokorosan_9.jpg

エアジョーダンに付いていたメッシュ部分を使用しメザシを作成。

おでこ部分にはニューバランスのNのマークを所さんが作り変えた「にゅ」のロゴや

blog20170127_tokorosan_7.jpg

NIKE、エアジョーダンのロゴがマジックテープで脱着可能。

blog20170127_tokorosan_8.jpg blog20170127_tokorosan_6.jpg

その日の気分で付け替えできるデザインになっております。

本番を終えて言えることは、

ただただ、所さんに喜んでもらえて本当に良かった。。。

その一言に尽きます。。




アトリエデザイナーの白石さん、橋本さんお疲れ様でした!!




CA4LAアトリエではリメイクはお受けしておりませんが、


帽子のオーダーメイドや修理など幅広く対応しております。

ご興味がある方は是非、ご相談ください!!

CA4LA表参道アトリエ
東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル1F/2F
TEL:03-5786-7284

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

1/27(金)OA. 『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』にCA4LA表参道アトリエが登場!

Date.2017 01 23 Author.PRESS

テレビ東京の毎週金曜、夜9時より放送の

『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』

CA4LA表参道アトリエが制作協力させていただきました!!

tokorosan_img1.jpg

今回のテーマは「家庭の不良品を誰もが欲しがるアレ!に劇的リメイクSP」ということで、 90年代に発売された所さんの貴重な私物スニーカー15足をお預かりし、帽子にリメイクするという難しいお題に挑戦。

通常、CA4LAアトリエではリメイクはお受けしていないのですが、

みんなが大好き所さんのご依頼という事で今回は特別にご協力させて頂きました。

製作を担当したのはアトリエデザイナーの白石尚子と橋本有里。

長年、有名アーティストのツアー衣装やオーダーメイド、ブライダルの1点物を手がけ

日々、お客様のご要望を形にしてきた2人ですが、

リメイクは初めての試みの為、所さんを驚かせるような物が作れるか不安いっぱいでスタートしました。


しかも、スニーカーは1足づつしかないので試作もつくれず、ほぼ1発勝負。

作りながらデザインをまとめて行かなくてはならず、毎日試行錯誤の繰り返し。。

アトリエデザイナーのデザイン力と技術力を結集した帽子は

1月27日(金)夜9時からの放送でご覧いただけます。

どんな帽子が出来上がったのか、是非、チェックしてください!!

予告編にもちょっとだけ登場しています!
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/sokontokoro/

tokorosan_img2.jpg

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

cart online shop
ページトップへ