BLOG

ARCHIVES

ARTWARP x CA4LA

Date.2016 12 22 Author.CA4LA.COM

今シーズンよりCA4LAでは2016年にスタートした新進気鋭のブランド

〈ARTWARP(アートワープ)〉とコラボレーション。

ボアキャップベレーの2アイテムを先日より発売しております!

ARTWARPからコラボレーションし製作したベレーの
最新ビジュアルが届いたのでご紹介いたします!

モデルはコムアイ(水曜日のカンパネラ)、ほないこか(ゲスの極み乙女)、
SEIKI(COCOBAT)などミュージシャンを中心とした多彩な顔ぶれ!

ARTWARP_img3.jpg ARTWARP_img7.jpg ARTWARP_img1.jpg ARTWARP_img2.jpg ARTWARP_img4.jpg ARTWARP_img5.jpg

絶賛CA4LAオンラインストアで発売中です!

ARTWARPのオンラインストアでは帽子ももちろんビジュアルで着用しているウェアも発売しております!

ぜひチェックしてみてください!


ARTWARPはミュージシャンのアーティスト写真やライブ、メディア出演時の衣裳としてもよく使われており、

最近だとこちらのアーティストたちが着用しております。

・the chef cooks me
ASIAN KUNG-FU GENERATION、後藤正文のソロ"Gotch"、などでバンドのサポートメンバーとしても活躍するsimoryoが所属するバンド。 2017年最初のワンマンライブを控え、Turntable Filmsとのスプリット音源も発売中の the chef cooks me の新しいアーティスト写真や、、、

Our Brandnew Photograph By @tetsuyayamakawa #thechefcooksme #tccm #無何有郷 #artwarp

the chef cooks meさん(@tccm_official)が投稿した写真 -

元BiSで今は様々なフィールドに活躍の場を広げているテンテンコちゃんの「次郎」のMVも!

様々なミュージシャン、アーティストから支持を集める新進気鋭のブランド〈ARTWARP〉

要注目です!

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

ロンドンのクリスマス

Date.2016 12 15 Author.FROM LONDON

日本のみなさん、こんにちは。

寒さが深まってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

こちらロンドンも寒さが厳しくなってまいりましたが先月はイギリスでは珍しく暖冬で、ここ数年で一番暖かい11月だったそうです。その影響がまだ続いているのか今月12月に入っても、暖かい日が何日かありました。

さて、既に12月も半ばになってしまい、クリスマスも間近になりました。この時期になるとつい言ってしまうのですが、一年があっという間で、クリスマスなんてついこの間やったよね。なんて他のスタッフ達と言っています。子供の頃はこんなふうに感じなかったのですが、きっと大人になったからでしょうか。。。?

blog20161215_london_xmas_1.jpg

こちらがロンドン店。ドアにはリースを飾り、昼間で見えにくいですが、ウィンドウにイルミネーションを付けました。

blog20161215_london_xmas_2.jpg

店内のツリーです。たまにお客様からこの小さいハットを売ってほしいというお問い合わせがあります。

とりあえず感傷的な気分は置いといて、早速ロンドンのクリスマスのイルミネーションの写真と共にロンドンのクリスマス事情をお伝えします。

日本と同じようにこちらロンドンも25日にお祝いします。元々はキリスト教でイエス・キリストの誕生日をお祝いすることなんですが、現代ではキリスト教以外の人も25日を祝う、一般的な行事となりました。ここまでは日本のクリスマスと同じなんですが、祝い方としては日本と少し違うことがあります。それは25日は家族と一緒に過ごすということです。

blog20161215_london_xmas_3.jpg

中心街オックスフォード通りです。クリスマスのこの時期には買い物客で通りがいっぱいになります。

日本では恋人と共に過ごすイメージがありますが、こちらイギリスでは実家に帰るのが一般的です。地方からロンドンに上京している人は実家に帰ったり、ロンドンに家族がある人は家で過ごしたりと、日本の行事で例えるならお正月のような過ごし方です。地元に帰る人が多いので親戚同士が集まってクリスマスパーティーを開くといったこともあります。

blog20161215_london_xmas_4.jpg

カシラの近くのパブ。普通のパブでもこういった飾り付けをするところがあります。

典型的なクリスマスディナーは七面鳥をオーブンでローストしたものや、芽キャベツや他の野菜を茹でたものにグレイビーと言われるソースをかけていただきます。しかし少し手間が掛かるため、忙しい現代では作らない家庭も増えてきました。これは日本でもおせちを家庭で作らなくなってきた事に似ていますよね。どこの国もお母さんは忙しいんです。

なので日本のみなさんも今年のクリスマスは思い切って家族と一緒に過ごすなんていかがでしょうか?ちなみに私は日本に住んでいた時からクリスマスは両親と過ごしていました。一緒に過ごす相手はいなかったので、テレビで明石家サンタを観る事が唯一の楽しみでした。。。

なにはともあれ、今年はどんな人と一緒に過ごしますか?みなさまにとってすばらしいクリスマスが訪れるよう遠いロンドンから祈っております。

blog20161215_london_xmas_5.jpg

こちらはロンドンのもっとも古い市場のひとつのレドンホール・マーケットのツリー。

blog20161215_london_xmas_6.jpg

ここの市場は映画ハリーポッターと賢者の石でもロケ場所として使われました。

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

blog20161215_london_xmas_7.jpg

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に @ 新宿武蔵野館

Date.2016 12 13 Author.CA4LA.COM

IMG_5365.jpg

リチャード・リンクレイター監督の最新作『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』が全国公開中!

新宿の老舗映画館、新宿武蔵野館が耐震性補強と改装のため一時休館となっておりましたが、
『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』の公開と共にリニューアルオープン!

というわけで久々の新宿武蔵野館に『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』を鑑賞しに行ってきました。

IMG_5371.jpg

前作『6才のボクが、大人になるまで。』も武蔵野館で上映してて、
そのときもここに来ましたね。
他にもたくさんの作品を見てきた武蔵野館リニューアル!
おめでとうございます!

IMG_5369.jpg

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は『6才のボクが、大人になるまで。』の精神的続編とでもいうべき作品で、前作では6〜18才までを描いていたのに対し、
この作品では大学が始まる直前の3日間を描いた青春グラフティ・ムービー。


ストーリーは新学期を3日後に控えた奨学生の野球部員ジェイクが、期待と不安を胸にシェアハウスとなっている野球部の寮にやってくるところから始まります。
講義が始まるまでの3日間、先輩野球部員や同じ新入生たちと、酒、ナンパ、ディスコ、恋愛、とめまぐるしい時間を過ごしていく。

主人公ジェイクの存在感以上に、
脇役の俳優たちが生き生きと演じていて最初から最後まで見ていて飽きない、
むしろ作品が終わったあとも、いつまでもこのキャストの演技を見ていたい、
そんな風に思わせる作品でした。

18〜22才の青春時代に考えていることは時代が変わっても、
同じようなことを考えているんだな、なんて思いつつ。

そこにリチャード・リンクレイターお得意の音楽使いでシーンを盛り上げてくるのもたまりませんでした!

リンクレイター監督の作品は劇中での音楽の使い方も魅力の一つで
音楽ファンにも最高に楽しめる作品が多いです。

2003年の代表作の一つ『スクール・オブ・ロック』ではAC/DC、KISS、Led Zeppelin、Cream、The Ramones、The Whoといったバンドの往年の名曲やThe Black Keys、THE DARKNESSといった当時注目されはじめていたバンドの楽曲が使われていました。

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は1980年が舞台。
ロックだけでなくさまざまなジャンルの当時のナンバーが映画を彩っています。
使われているトラックはオープニングのザ・ナックのマイ・シャローナに始まり、チープ・トリックの「I want you to want me」、映画タイトルでもあるヴァン・ヘイレンの「Everybody Wants Some」、シュガーヒル・ギャングの「Rapper's Delight」など。

※車でシュガーヒル・ギャングをかけるシーン。ここ最高です!

舞台となる時代背景や音楽、キャストの演技と
楽しみどころ満載の『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』

新宿武蔵野館では今週いっぱいの上映となるようです。
駆け込みでもぜひ劇場でチェックしてみてくださいね!
地方はこれから上映というところもたくさんありますので、オフィシャルサイトでチェックしてみてください。

そしてコラボレーションキャップも好評発売中です!

AKI02084_BLK.jpg

EVERYBODY WANTS SOME!! x CA4LA CAP [AKI-02084]
5,724円(税込)

個人的にはCheap Trickの音源がLive at 武道館のものを使っていたところと
まあなんと言ってもあのエンドロール...!がハイライトでした!

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

cart online shop
ページトップへ