67年の時を経て蘇る、感動の実話『飛べ!ダコタ』

いまから67年前、太平洋戦争終戦後間もなく、佐渡島に不時着した英国機をめぐる友情と絆を描いた実話をベースにした映画『飛べ!ダコタ』。10月5日(土)よりシネマスクエア東急、有楽町スバル座ほかにて全国ロードショー!

その島が選んだのは、憎しみか、日本人の誇りか

今語られる 真実の「人間愛」の物語

終戦後、佐渡島で起こった実話を元に、戦後間もない日本の情景や当時の人々のリアルな感情を描く本作。 太平洋戦争終戦のわずか5ヶ月後、イギリスの要人機《ダコタ》が佐渡島に不時着します。最初は戸惑いながらも「困った者を助けるのが佐渡ん人間(さどんもん)」の精神で、国境越えた友情と絆を育み、ついには《ダコタ》を飛び立たせます。。そこには、日英共に戦争という忘れ難い痛みと憎しみを乗り越え、再生と平和の一歩を踏み出そうとする願いと決意が込められていました。

この出来事から64年後、《ダコタ》の修理を行った整備士の息子が、佐渡を来訪。彼は、すでに他界した父が、この地で世話になった感謝と佐渡にもう一度行きたいという思いを馳せながら死んでいったことを告げました。国境を越えた絆は、いまでも人々の心に脈々と行き続けていたのです。 これを機に、「この事実を風化させてはならない」と願う、地元フィルムコミッションの働きかけによって映画化が実現したのが本作『飛べ!ダコタ』なのです。

dct_2.jpg dct_3.jpg

映画公開記念として製作されたコラボレーションキャップ

CA4LAでは『飛べ!ダコタ』の公開を記念し、コラボレーションキャップを製作。映画公開初日となる10月5日(土)よりCA4LA直営店とオンラインストアにて販売いたします。佐渡に不時着したSister ANNの愛称で呼ばれていたダコタ機。そのダコタ機に記されたマークをキャップフロントにプリントとワッペンで表現いたしました。アーミーテイストが魅力的なアイテムです。

dct_cap.jpg

「飛べ!ダコタ」× CA4LA CAP/ブラック・グレイ/5,250円(税込)

日英交流400周年の2013年。メモリアルイヤーに、その友好の証とも言えるストーリーの映画化が実現しました。ぜひ劇場で真実の「人間愛」を感じてください。

flyer_dct.jpg

『飛べ!ダコタ』

2013年10月5日(土) よりシネマスクエア東急、有楽町スバル座ほか、全国ロードショー!

監督:油谷誠至

出演:比嘉愛未、窪田正孝、洞口依子、綾田俊樹、ベンガル、柄本明

配給:アステア

©「飛べ!ダコタ」製作委員会

公式サイト
http://www.tobedakota.com/