世代を超えて愛され続ける少女アンが、スクリーンに帰ってくる!

2017年5月6日(土)より、あの『赤毛のアン』の最新映画が新宿バルト9ほかにて全国ロードショー!カナダのプリンス・エドワード島を舞台に、アンが巻き起こす騒動と彼女の成長を描いた不朽の名作「赤毛のアン」は、1908年に出版された世界的ベストセラー作品。たびたび映像化・舞台化され、1989年に日本公開されたミーガン・フォローズ主演の『赤毛のアン』も好評を博しましたが、今回は原作の世界観を伝えるのに最もふさわしい人物のひとり、モンゴメリの孫娘ケイト・マクドナルド・バトラーが製作総指揮に参加していることから、世紀を超え、満を持しての決定版とも言える劇場版となっています。
CA4LAでは最新劇場版『赤毛のアン』の公開を記念して、コラボレーションいたします!

持っているのは豊かな想像力。

AkagenoAnne-main.jpg

「赤毛のアン」はルーシー・モード・モンゴメリが1908年に発表し、少女アンが巻き起こす大騒動と彼女の成長を描いて日本でも広く愛される名作児童文学。日本では世界名作劇場として放映されたアニメが広く愛されています。

プリンス・エドワード島に住む年配のマシュウとマリラ兄弟の家「グリン・ケイブルス」に、赤毛のアンがやって来た。働き手となる11歳の男の子を孤児院から引き取るつもりだった兄弟は最初は戸惑っていたものの、次第にアンの楽しいおしゃべりに引き込まれていくようになる。周囲の人々と交流し、時にはケンカもしながら、アンはグリン・ゲイブルスに欠くことのできない"家族"となっていく。

主人公アンにはオーディションによって選ばれたカナダ出身のエラ・バレンタイン。ミュージカル「レ・ミゼラブル」のトロント公演でコゼットを演じた実力派で、『ザ・モンスター』などの映画でも活躍している。

AkagenoAnne_sub1.jpg AkagenoAnne_sub2.jpg AkagenoAnne_sub3.jpg マシュウ役にはハリウッドの名優マーティン・シーン。マリラ役にはカナダ出身の名女優サラ・ボッツフォード。前述したとおり、原作者モンゴメリの孫娘ケイト・マクドナルド・バトラーが製作総指揮として参加した『赤毛のアン』決定版とも言うべき本作をぜひ劇場でご堪能くださいませ。

『赤毛のアン』× CA4LA、作品世界のイメージにピッタリのカンカン帽

AkagenoAnne-item1.jpg

17 赤毛のアン x CA4LA HAT [AKI-02135]
9,504円(税込)
カラー:ブラック、グリーン(2色展開)
*2017年5月3日(水)発売
(札幌店、アミュプラザ博多店は5月4日(木)より発売)

CA4LAでは『赤毛のアン』の公開を記念し、映画公開日5月6日(土)よりコラボレーションアイテムを発売することが決定!
さまざまな『赤毛のアン』で描かれているアン・シャーリーのハットをイメージし、今回は天然草素材のキャノチェ(カンカン帽)を製作。ラフィア草のブレード素材でナチュラルな印象に仕上げたキャノチェにブラックと若草色のリボンの2色で展開。若草色のリボンバージョンはより映画の世界観に忠実に沿って製作したカラーリングです。

AkagenoAnne-item2.jpg 作品タイトルが入った缶バッチ付きのキャノチェ。今も昔も少女たち、そしてかつて少女だった女性たちの心を掴んで離さない『赤毛のアン』になりきれるコラボレーションアイテムです。ぜひ映画公開日にお近くのCA4LAの店舗やオンラインストアでチェックしてください。

AkagenoAnne_poster.jpg

『赤毛のアン』
2017年5月6日(土) より、新宿バルト9ほか 全国ロードショー
監督:ジョン・ケント・ハリソン
出演:エラ・バレンタイン、サラ・ボッツフォード、マーティン・シーン
原題:L.M. Montgomery's Anne of Green Gables/2015年/カナダ/89分/ビスタサイズ/5.1chサラウンド
提供:東急レクリエーション、ハピネット、共立広告、シナジー、東北新社/配給:シナジー
©2015 GABLES PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『赤毛のアン』オフィシャルサイト