Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」会場限定でコラボレーションベレーを販売中!

2018年1月6日(土)から3月11日(日)までBunkamuraザ・ミュージアムで絶賛開催中の「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」とCA4LAのコラボベレーを展覧会会場限定で発売しております。

rudolf2_flyer.jpg

ルドルフ2世が収集したコレクションの中のモチーフを組み合わせタイポグラフィを作り、ベレーの天井に「RUDOLF II」とプリントした特別なアイテム。まるでルドルフ2世のコレクションの中に存在していたかのような仕上がりです。

Rudolf_ca4la_02.jpg

さらにこちらのベレーには特別バージョンの1点モノを製作。
プリント部分を立体的に表現したコレクターズ・アイテムです。
こちらもぜひご覧になってみてください!

プリントベレー|7,560円(税込)
一点モノベレー|54,000円(税込)

究極の趣味人のワンダーランド

プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世(1552-1612)は、稀代の収集家として、また芸術の庇護者として知られています。16世紀末から17世紀初頭、彼の仇敵には世界各地かあ優れた人物たちが集結し、芸術作品、さるいは科学機器などのあらゆる優れた創作物、更には新たに発見された珍奇な自然物などが集められ、文字通り「驚異の部屋」とでも呼ぶべき膨大なコレクションが形成され、当時のヨーロッパの芸術文化の一大拠点ともなりました。
「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展」ではジュゼッペ・アルチンボルドを始め、ルドルフ2世が愛好した芸術家たちの作品を中心に、占星術や錬金術にも強い関心を示した皇帝の、時に魔術的な魅力に満ちた芸術と科学の世界を紹介しています。

rudolf2_img.jpg

ジュゼッペ・アルチンボルド
《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》
1591年、油彩・板、スコークロステル城、スウェーデン
Skokloster Castle, Sweden

神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展