パンク黎明期の生き証人、Simon Baker の手がける〈AKA SIX〉のハットが入荷

セックス・ピストルズ親衛隊、The Bromley Contingentの一員であったSIXことSIMON BAKER(サイモン・ベーカー)のブランド〈AKA SIX(エーケーエー・シックス)〉のハットがCA4LAの一部の店舗に入荷いたしました。

AKASIX_img1.jpg

パンク黎明期の重要人物で、パンクと知られることになるユース・カルチャーを形成していったメンバーであるSIMON BAKERが写真集"PUNK'S DEAD"の刊行後、同名レーベルでいくつかのコラボレーションを行い、2016年AKA SIXとしてコレクションを始動。

AKASIX_img2.jpg

AKA SIX SUN HAT2 [MOR-00032]
9,720円(税込)
[取扱店舗]
表参道店、代官山店、池袋店、横浜ジョイナス店、札幌店、仙台店、名古屋パルコ店、京都店、グランフロント大阪店

今回CA4LAに入荷したバケットハットは、スタンダードなシルエットのものに、AKA SIXのネームとメッセージ入りのラベルが縫い付けられたシンプルながら印象的なアイテム。パンキッシュなスタイルにとらわれず、ロンドンのストリート感を匂わせる仕上がりで、さまざまなスタイルにオススメです。

AKASIX_img3.jpg AKASIX_img4.jpg

デザイナー: SIMON BAKER/ サイモン・ベーカー
1956年生まれ。美術学校卒業後、すぐにマルコム・マクラーレンの元へ、マルコムと彼のプロデュースしたバンド、"セックス・ピストルズ"のために参加。また同時期"THE BROMLEY CONTINGENT"のメンバーとして活躍。"パンク"として知られることになるユース・カルチャーを形成していくメンバーとなる 。
当時マルコムは20世紀の前衛芸術運動から派生したInternational Situationist/社会革命的国際組織の思想を用いて、一般社会と同様のカオスを音楽業界で引き起こしました。この時期のちにその元で働くこととなるファッションデザイナー・V.WESTWOOD とも出会いファッションと音楽と芸術の融合とブレークを学ぶ。
2002年にSIXは初めての個展の機会をロンドンの"チャンバー・オブ・ポップカルチャー/ ホース・ホスピタル・ギャラリーで得る。36人のポートレートを一堂に集めた、PERVATEEN' The Word Pervateen in four cinematic colours と題したこの個展はその後、チェコ・ナショナル・ギャラリーで開催された、第一回のプラハ・ビエンナーレに出展される。
この個展はベルリン、ベオグラード、ロンドン、プラハと2011年まで開催が続き、SIX は自身の過去に撮影したものを見直し、初めての写真集 "PUNK'S DEAD"を刊行する。
現在は生活と仕事の拠点をプラハとロンドンにおいて、活動している。PUNK'S DEAD の刊行後、同名レーベルでいくつかのレーベルとコラボレーションを行う。
2016年 AKA SIX としてコレクションを始動。

AKA SIX