CA4LA CA4LA MEMBERS 検索 ハットアイコン ハットアイコン アカウントアイコン アカウントアイコン カートアイコン 鍵アイコン ハートアイコン ハートアイコン ハートアイコン マップアイコン マップアイコン マップアイコン マップアイコン 矢印 矢印 TEL TEL //*---- ▼ ここからSNS ----*// Facebook Facebook Google + はてぶ Instagram LINE LINE Pinterest Pinterest Tumblr Twitter YouTube YouTube WEAR_ロゴ

INTERVIEW

本根誠|RECORD STORE DAY JAPAN担当

本根誠|RECORD STORE DAY JAPAN担当

Share

Back to list

なんでも便利な時代だからこそ、惹かれるアナログ・レコードの魅力

 

2008年にスタートしたレコードストアの文化を祝い、宣伝し、独立した小売店舗を活性化し、フィジカルメディアを手にするよろこびや音楽の楽しさを共有する、年に一度の祭典「RECORD STORE DAY」が今年も4/13(土)に開催。

ここ日本でも年々、盛り上がりを見せており、アナログレコードに長年触れてきた年配層だけでなく、若い世代にも注目されているアナログレコード市場。

今年はCA4LAもRECORD STORE DAYに初参加し、コラボレーションアイテムを製作し、イベント当日より販売。

RECORD STORE DAYの開催を目前に、RECORD STORE DAY JAPANを運営する東洋化成の本根氏に、RECORD STORE DAYやアナログレコードの現状、そしてアナログレコードの魅力、若い世代がなぜ惹きつけられているのか、などをインタビューしました。

 

 


 

 

2008年にレコードストアデイが始まってもう10年ほどの期間が経ちます。年を重ねるごとに盛り上がっているように感じますが、日本での盛り上がりはどのようにご覧になられていますか。

 

 Record Store Dayはフィジカルメディアの素晴らしさ、インディショップでの音楽との出会いとの楽しさを軸に世界23か国でイベントを重ねていますが、参加店舗が年を追うごとに増えているのが嬉しいです。日本では特にCA4LAさんなどアパレル企業さんをはじめとして多方面よりのサポートに恵まれていると感じています。

 

 

ネット販売やサブスクリプションなどのサービスが盛んになっていく一方で、年々アナログ・レコードの販売数が増えているのはなぜなのでしょうか。

 

面倒くさいからではないでしょうかw

コーヒーもコンビニで簡便に美味しいものが入手可能になると同時に、ある種面倒くさいプロセスを経てサーヴされるサードウェイブコーヒーなどが盛んですよね。

音楽も簡便なものと面倒くさいものは、どこかで共存している気がします。

 

 

 

若い世代を中心にアナログ・レコードに魅力を感じている人が増えている現状をどうお考えですか。

 

とても素晴らしいと思います。ご自身にとって本当に大事なもの、素敵な時間に想いをはせるきっかけになると嬉しいです。

 

RECORD STORE DAY JAPAN 2019
アンバサダーを務める高橋幸宏氏

RECORD STORE DAY JAPAN 2019
初代ミューズに選ばれたのは水原佑果さん

 

 

アナログ・レコードというフィジカルなメディアの一番の魅力とはなんでしょうか。

 

手にとって感じることができるところ。大事にしないと本来持っている機能が失われてしまうところ。

 

 

 

今後のアナログ・レコードの未来はどうなっていくと予想しますか。

 

100円ショップやファストファッションのように、手軽さが大事なアイテムと、CA4LAさんのようにこだわりをもったお客さんと対峙するアイテムとが、共存していく時代だとしたら、CA4LAさんのうしろについて行く宿命のあるアイテムだと思います。

 

 

 

今年のレコードストアデイで発売される限定版などで本根さんのオススメの盤を教えてください。

 

 

THE NEATBEATS / IN LOVE

 

 

Back to MONO !!

 

 

 

CA4LAが初めてレコードストアデイに参加させて頂きますが、CA4LAにはどのような印象をお持ちでしょうか。

 

お店にいくといつも、「この素敵なハットを買ったら、次にこんな背広を買おう」とか「こんどのヴァケーションにこのストロウハットは良さそうだ」とか、帽子を通して、ぼくの生活全般をアップリフトするきっかけを与えてくれるお店です。インスパイアされるというか。

 

 

 

帽子と音楽の親和性をどのように感じていらっしゃいますか。

 

素敵な音楽家は素敵な装いを[自分で]決める能力もあると思っています。

逆算しますと、CA4LAが素敵な帽子をいっぱい作ると、日本の音楽家のクリエイティブのレベルも上がると思います。期待しています!

 

 

 

CA4LAに今後期待する事は何でしょう。

 

今、僕から見てCA4LAさんはクリエイティブとビジネスがかなり高いレベルで接合していると拝察します。

なので、このままやり続けてほしいです!

 

 


 

 

本根誠

1961年大田区生まれ。WAVEなどレコードショップ勤務が音楽の世界デビュー。Avex内のCutting Edge レーベルを経て現在、東洋化成にてアナログレコードの営業マン。
Record Store Day、11/3 レコードの日などイベントも担当。Hat歴は33年くらい?

 

 

 

RECORD STORE DAY x CA4LA

19 RECORD STORE DAY x CA4LA HAT SS
カラー:ブラック、ホワイト、レッド
品番:AKI02392
価格:5,500円+税
発売日:2019年4月13日(土)

オンラインストアは4月14日(日)より取り扱いいたします。

ONLINE STORE

 

19 RECORD STORE DAY x CA4LA CAP SS
カラー:ブラック、ホワイト、レッド
品番:AKI02391
価格:5,000円+税
発売日:2019年4月13日(土)
オンラインストアは4月14日(日)より取り扱いいたします。

ONLINE STORE

CA4LA MEMBERS

ショップとオンライン共通の会員サービスがスタート。ポイントプログラムや、キャンペーン・限定イベントなどのお知らせを配信。

MORE