帽子の肖像 Profile.03 馬場圭介 | CULTURE(カルチャー) | CA4LA(カシラ)オフィシャルサイト | CA4LA(カシラ)は帽子文化を世界に発信します CA4LA CA4LA MEMBERS 検索 マイアカウント マイアカウント アカウントアイコン アカウントアイコン カート ログイン お気に入り お気に入り お気に入り マップ マップ マップ マップ 矢印 矢印 TEL TEL //*---- ▼ ここからSNS ----*// Facebook Facebook Google + はてぶ Instagram LINE LINE Pinterest Pinterest Tumblr Twitter YouTube YouTube WEAR

PORTRAIT IN HAT

帽子の肖像 Profile.03 馬場圭介

帽子の肖像 Profile.03 馬場圭介

Share

Back to list

CA4LA presents “PORTRAIT IN HAT”
連載 : 「帽子の肖像」

Profile.03

馬場圭介 / KEISUKE BABA

 

帽子が本当に似合う人。それは格好良く年齢を重ねた大人かもしれない。
スタイルの変遷、年輪が醸し出すものが、帽子を被った肖像に現れる。
連載「帽子の肖像」では、2枚のポートレート写真、そして5つの共通質問に対する短い言葉から、帽子の達人たちの肖像を浮かび上がらせます。
3回目は、日本を代表するスタイリストのひとり、馬場圭介さん。


5 QUESTION TO 馬場圭介

“髭と帽子って似合うじゃん。”

 

 

あなたが帽子を被り始めた時のことを教えてください。

そらあ小学校の時だな(笑)。大人になってからも帽子は好きだったけど、被ったり外したりするのが面倒臭いからあんまり被っていなかったんだ。毎日のように被るようになったのはこの10年くらい。きっかけはたぶんCA4LAで[ボルサリーノ]の帽子を買ったことのような気もするけど、どうしてその時ハットを買ったのかは忘れちゃったな。

 

あなたが憧れる(憧れた)帽子を被る人とは?

昔のフランス映画、ヌーベルバーグのジャン・ギャバンとかリノ・ヴァンチュラとか、あの辺だよね。80年代にロンドンにいた時はシルクハットとかを集めていて、今もいくつか持っているけど、イギリス人と日本人じゃアタマの形が違うから入らないんだよね。被るというよりも、乗っけている感じなんだよ、彼らは。

 

あなたが帽子を被る時に気をつけていることを教えてください。

サイズ感。オレは割と深めに被るのが好きだから、買う時も自分の好きな感じになるものしか買わない。オレ、服でも帽子でもそうだけど、気に入ったら毎日同じのばかりになるんだよね。だから帽子も“飽きるまで被る”。毎朝着るもの考えるのが面倒くさいというのもあるんだけどね(笑)。

 

今日被っている帽子について、教えてください。

これは自分のブランド、[NORMAN(ノルマン)]で作ったハット(2019AWモデル)。これは[RACAL(ラカル)]と一緒に作った。クラウンの高さとかツバの広さも自分好みにしたけど、ツバが広いから、風が吹くと大変なんだ(笑)。CA4LAとオレが一緒にやっているライン[Head Butt(ヘッドバッド)]も来年あたり復活させようかな。

 

あなたの人生にとって帽子とは?

そんな大したもんじゃないよ! あくまでも「お洒落のイチアイテム」。あと、髭と帽子って合うじゃん。

 

撮影:清水健吾
編集:武井幸久(HIGHVISION)

 

 

馬場圭介 / KEISUKE BABA

スタイリスト / 1958年、熊本生まれ。28歳の時にロンドンに渡り、スタイリストの大久保篤志氏に出会い、帰国後に東京でアシスタントして働き1年後に独立。英国やロンドンのスタイル、音楽カルチャーに詳しく、日本において英国ファッションスタイルを浸透させた一人。スタイリストとしてだけでなく、数々のブランドとの協業、デザインも手がけ、現在は自身のブランド[NORMAN(ノルマン)]のディレクションを行なっている。CA4LAとも不定期活動のコラボレーション・ハットライン[Head Butt(ヘッドバット)]がある。

CA4LA MEMBERS

ショップとオンライン共通の会員サービスがスタート。ポイントプログラムや、キャンペーン・限定イベントなどのお知らせを配信。

MORE