帽子の肖像 Profile.08 横山剣(CRAZY KEN BAND) | CULTURE(カルチャー) | CA4LA(カシラ)オフィシャルサイト | CA4LA(カシラ)は帽子文化を世界に発信します CA4LA CA4LA MEMBERS CA4LA MEMBERS 検索 マイアカウント マイアカウント アカウントアイコン カート スナップ ログイン お気に入り お気に入り お気に入り お気に入り マップ マップ マップ マップ 矢印 矢印 TEL TEL //*---- ▼ ここからSNS ----*// Facebook Facebook Google + はてぶ Instagram LINE LINE Pinterest Pinterest Tumblr Twitter YouTube YouTube WEAR
ALLWOMENMENKIDS

PORTRAIT IN HAT

帽子の肖像 Profile.08 横山剣(CRAZY KEN BAND)

帽子の肖像 Profile.08 横山剣(CRAZY KEN BAND)

Share

Back to list

CA4LA presents “PORTRAIT IN HAT”
連載 : 「帽子の肖像」

Profile.08

横山剣(CRAZY KEN BAND)

帽子が本当に似合う人。それは格好良く年齢を重ねた大人かもしれない。
スタイルの変遷、年輪が醸し出すものが、帽子をかぶった肖像に現れる。
連載「帽子の肖像」では、2枚のポートレート写真、そして5つの共通質問に対する短い言葉から、帽子の達人たちの肖像を浮かび上がらせます。
8回目は、クレイジーケンバンドの横山剣さん。剣さんが帽子をかぶるその理由とは?


5 QUESTION TO
横山剣(CRAZY KEN BAND)

“帽子をかぶっていると、自分の細胞が活き活きするような感じがするんですよ”

 

あなたが帽子をかぶり始めた時のことを教えてください。

自分でかぶりたくて最初に買ってもらったのは、小学校低学年の頃の「テンガロンハット風の麦わら帽」です。映画なんかでよく観てて、テンガロンハットの人がカッコ良く見えたんですよ。その後もっとファッション的に帽子を意識し始めて、マイケル・ジャクソンとかフィンガー5の晃(あきら)くんみたいなソウルマン風にしたいと思って、小学校45年くらいからはキャスケット。そのキャスケットにパンタロンを穿いて、駅前のインスタント証明写真で写真を撮っていました。今でいう自撮りですよね。

 

あなたが憧れる(憧れた)帽子をかぶる人とは?

フランク・シナトラさんが好きだった父親の影響で、小学校低学年の時にはあのソフト帽姿に憧れていました。ちょっと斜めにワルっぽくかぶるのが“粋”で。父親もゲーハーだったんですけど、ソフト帽をかぶると相当悪そうになって、それがカッコ良くて。自分もあんな風になりたいと思っていたけど、本当にそうなっちゃいましたね(笑)。2003年頃からハットで登場するようになりましたが、20代、30代はトッチャン坊やみたいでサマにならなくて、自分でもハットが似合うと思えるようになったのは、40歳を過ぎてからですね。

 

あなたが帽子をかぶる時に気をつけていることを教えてください。

TPOですね。着帽がふさわしくない場所では脱帽します。例えばF1の日本グランプリで「君が代」を歌ったんですが、その時はサングラスもやめて脱帽しました。「それじゃ誰だか分からないよ!」ってツッコまれもしたんですけど(笑)、やっぱりその場やF1ドライバーへのリスペクトです。その時は帽子を手に持って、帽子の存在感は出して。手に持っている感じも格好いいじゃないですか。帽子をハンガーに掛けたりするのなんかも、大人っぽくてカッコいいですよね。帽子もできるだけ型崩れしないようにキチッとしていたいです。

 

今日かぶっている帽子について、教えてください。

この黒いハットはCA4LAで作っていただいたもので、贅沢にも特注品です。ステージでも使っていますが、夏でもあまり暑くないメッシュの帽子なので、軽いしラクに扱えます。日常からステージまで万能の帽子で、非常に気に入っています。帽子って数値とかじゃ分からなくて、かぶってみて初めて自分に似合うか分かるものなんですよね。CA4LAさんは僕の好みをよく分かっていただいていて、これまで作っていただいたものは、ハズれたことがありません。

 

あなたの人生にとって帽子とは?

自分はわりと気が小さいので、サングラスも、ヒゲも帽子も「照れ隠し」なんですね。コンサートの時は特にそうですけど、ハットやサングラスで“スイッチ”が入る。昔の甲冑のようなものかもしれないし、無いと何かが足らない感じがするし、あるとバランスが取れて安心する。もう顔の一部になっている気がしますね。帽子をかぶっていると、自分の細胞が活き活きするような感じがするんですよ。

横山 剣(CRAZY KEN BAND)ⒸDouble Joy Records.co.,ltd

撮影:清水健吾
編集:武井幸久(HIGHVISION)

 

 

横山 剣 /  KEN YOKOYAMA (CRAZY KEN BAND)

1960年横浜生まれ。小学校時代から音楽にのめり込み、中学2年生でバンド活動を開始。1981年にクールスRCのコンポーザー兼ヴォーカルとしてデビュー。以後いくつかのバンドを経て1997年春にクレイジーケンバンド(CKB)をスタート。“歌うメロディ・メイカー”としてCKBの楽曲の作曲・作詞、他のミュージシャンへの楽曲提供も行い、その作曲数は膨大。“東洋一のサウンド・マシーン”の名の下に活動するCKBは、2020年までに20枚のアルバムをリリース。最新アルバムは『NOW』。

https://www.crazykenband.com

CA4LA MEMBERS

新商品紹介やキャンペーン、会員様限定イベント情報など、最新ニュースをメールマガジンにてお知らせいたします。

MORE