CA4LA CA4LA MEMBERS 検索 ハットアイコン ハットアイコン アカウントアイコン アカウントアイコン カートアイコン 鍵アイコン ハートアイコン ハートアイコン ハートアイコン マップアイコン マップアイコン マップアイコン マップアイコン 矢印 矢印 TEL TEL //*---- ▼ ここからSNS ----*// Facebook Facebook Google + はてぶ Instagram LINE LINE Pinterest Pinterest Tumblr Twitter YouTube YouTube WEAR_ロゴ

MAINTENANCE

帽子のメンテナンス方法

帽子のメンテナンス方法

Share

Back to list

フェルト帽体ハット

普段のお手入れはブラッシングでフェルトの流れを整えてください。

※毛の長い素材は流れにそってブラッシングしてください。
※毛の長いタイプでない場合反時計回りにブラッシングしてください。

 

天然草の帽体ハット

草を編んだ帽体のため、編み目にゴミや埃が詰まることがあります。エアダスターなどでゴミや埃を飛ばしてください。
また、素材の性質上割れたり、変色したりします。取り扱いには特に気をつけてください。

 

布帛の型入れしているハット

特に特別なメンテナンス方法はございません。

 

布帛の型入れしていない帽子(キャップ・ハンチング・ハットなど)

特に特別なメンテナンス方法はございません。

 

ブレード素材の帽子

草を編んだ帽体のため、編み目にゴミや埃が詰まることがあります。エアダスターなどでゴミや埃を飛ばしてください。
一本の縄状のテープをミシンで縫った素材ですので、無理に引っ張ったりすると穴が飽きやすい繊細な帽子です。状態によっては修理が可能ですのでアトリエにご相談ください。

 

オイル加工生地の帽子

オイル加工されている生地は使っていくうちにオイルが飛んで白くなったり、デニムのようにアタリやヒゲができ、それを味として楽しむ素材です。独特の光沢感を損ないたくない場合は市販の専用のオイルなどをご使用ください。 汚れは専用のブラシを使って落としてください。

 

ニット帽

特別なメンテナンス方法はありません

CA4LA MEMBERS

ショップとオンライン共通の会員サービスがスタート。ポイントプログラムや、キャンペーン・限定イベントなどのお知らせを配信。

MORE