FEATURE|9mm Parabellum Bullet|爆発的なライブの本質を掴むまでの転機 | NEWS(ニュース) | CA4LA(カシラ)オフィシャルサイト | CA4LA(カシラ)は帽子文化を世界に発信します CA4LA CA4LA MEMBERS CA4LA MEMBERS 検索 マイアカウント マイアカウント アカウントアイコン カート スナップ ログイン お気に入り お気に入り お気に入り お気に入り マップ マップ マップ マップ 矢印 矢印 TEL TEL //*---- ▼ ここからSNS ----*// Facebook Facebook Google + はてぶ Instagram LINE LINE Pinterest Pinterest Tumblr Twitter YouTube YouTube WEAR

INFORMATION

FEATURE|9mm Parabellum Bullet|爆発的なライブの本質を掴むまでの転機

FEATURE|9mm Parabellum Bullet|爆発的なライブの本質を掴むまでの転機

Share

Back to list

CA4LA MUSIC CONNECTION vol.11
9mm Parabellum Bullet

爆発的なライブの本質を掴むまでの転機


 

アーティストたちにとって、作品を生み出す過程やその時々の活動の源泉には、必ず何かの転機が存在している。

「CA4LA MUSIC CONNECTION」は、アーティストのみなさまに、ご自身の活動のターニングポイントになったことを取材させていただき、お答えいただくという連載企画。

第11回目にご登場いただくアーティストは、9mm Parabellum Bullet

2005年のインディーズデビュー以降、メンバーが暴れ回る爆発的なライブと歌謡曲的なニュアンスも持つポップなメロディーの融合が話題を呼び、2007年にメジャーデビューを果たした9mm Parabellum Bullet。2009年には日本武道館でのワンマンを成功させ、2013年には事務所を独立し、さらに活動の幅を広げていきました。2016年にはギターの滝善充さんが腕の負傷のためにライブ活動のみを一時休止するアクシデントがありながらも、サポートメンバーを迎えてライブを続行し、2017年には渾身の力作『BABEL』を発表。滝さんの復帰以降はサポートメンバーも交えた新たな9ミリとしてのライブを確立しつつ、その本質的な部分はぶれることなく、キャリアを重ねています。今年の夏には記念すべき9枚目のアルバムの発表を控えるなか、フロントマンの菅原卓郎さんにこれまでのライブに対する意識の変遷と、CA4LAとのコラボアイテムについてお伺いしました。

Text by Atsutake Kaneko
Photo by Kana Tarumi

 

CA4LA MEMBERS カシラメンバーズ

新商品紹介やキャンペーン、会員様限定イベント情報など、最新ニュースをメールマガジンにてお知らせいたします。

MORE