CA4LAの帽子をステージ、プライベートの両方で愛用していただいている富澤タクさんが、新曲「誰のために桜は咲く」を緊急配信いたしました!

2011年3月11日から7年の時間の中で「再生のうた」として完成した楽曲で、歌詞は風とロックの箭内道彦氏との共作です。

グループ魂、Number the. のメンバーとしてだけでなく、近年はソロワークも活発に行なっており、
本作「誰のために桜は咲く」はアコースティックで軽快な楽曲に、実験的な要素が随所に施された仕上がり。

TakuTommy_sakura_live.jpg

そしてカヴァー・アートの桜の写真も、箭内道彦氏が撮影しています。

東日本大震災から早7年。

地元福島の復興支援なども精力的に行ってきた富澤タクさんが楽曲に込めたメッセージも。

───────────

誰かの心に少しでも触れて
ふと、前向きな気持ちになることの
助けになれるような、
そんな曲で在れたなら本望です。

富澤タク 2018.3.11

───────────


DDCB12977epTomizawa_JKT_2500.jpg

富澤タク / 誰のために桜は咲く
DDCB-12977_ep|DIGITAL SINGLE|2018.3.11 ON SALE
RELEASED BY JAB RECORDS / SPACE SHOWER MUSIC
通常+ハイレゾ配信

楽曲のダウンロードはこちらから

Photo_Takutomizawa2018_2500.jpg

■富澤タク(グループ魂/Number the.)

福島県いわき市生
ギタリスト/シンガー/プロデューサー。
2016年4月に自身初のソロ名義シングル「いずれ」、 2017年3月には第二弾「そのさき」、7月に第三弾「今夜抄」 をデジタル・シングルとしてリリース後、 2017年9月20日に初のアルバム『波とギター』を発表した。
ソロとして『ARABAKI ROCK FEST.13、16』、『FUJI ROCK FESTIVAL '17』をはじめ、ビッグフェスに多数出演している。
グループ魂、Number the.のメンバーとして活動しているほか、ギタリスト/ プロデューサーとして様々なプロジェクトに参加している。

Taku Tomizawa OFFICIAL WEBSITE