BLOG

ARCHIVES

フロムロンドン - 2019年のご挨拶と昨年末のイギリスらしいクリスマスディナーについて

Date.2019 01 08 Author.FROM LONDON

明けましておめでとうございます。

本年もカシラおよびカシラロンドン店を何卒よろしくお願い致します。

寒さが厳しくなり、あっという間に2019年になってしまいました。

この記事が掲載される頃はすでにお正月を過ぎていると思いますが、みなさんは年越しはどのように過ごしたのでしょうか?

年越しの思い出と言えば、年がばれますが、NHKの紅白歌合戦の生放送で、加山雄三さんが少年隊の仮面舞踏会という曲紹介を「仮面ライダー!」と間違えて叫ばれてたのを覚えています。


既に2019年になってしまいましたが、昨年のクリスマス12月25日にイギリス人のご家族のクリスマスディナーにお邪魔させて頂いたので、その様子をご紹介させて頂きます。


こちらのご家族の伝統的なクリスマス料理はディナーではなく、ランチの時間にみなさんで楽しむようなので、午後13時頃から始まりました。今年のクリスマスは暖かく、雪は降らず、霧が立ち込めていました。

blog-london-190108_01.jpg

玄関には綺麗なリースが飾り付けてありました!

blog-london-190108_02.jpg

早速、テーブルにお邪魔すると、きれいにお皿やグラスがセッティングされておりました。 お皿の上にのっている筒状のものは、クリスマスクラッカーというもので、食べ始める前に隣に座った人と両端を一緒にひっぱって開ける独特なものです。

blog-london-190108_03.jpg

blog-london-190108_04.jpg

お待ちかねのターキーが運ばれてきました。さすが七面鳥!貫禄が違います。

blog-london-190108_05.jpg

他には付け合せとして、にんじんとパースニップと呼ばれる白い根菜で、味はにんじんに似ています。
あとは芽キャベツ、紫キャベツ、ローストポテト、ピッグスインブランケットと呼ばれる、短いソーセージをベーコンでくるんだもの。
スタッフィングと呼ばれるお肉をローストする際に、詰め物として調理されるもので、玉ねぎ、セロリ、白ネギ、キノコ、食パンを一緒に炒めたもの。
各家庭でいろいろレシピがあるそうです。そしてグレービーソース。肉をローストした時に出た肉汁で作ったあっさりとしたソースです。いろいろと目でも舌でも楽しませて頂きました。

blog-london-190108_06.jpg

blog-london-190108_07.jpg

そしてデザートは、チョコレートチーズケーキ、レモンのティラミス、クリスマスプディングの3種類!
そのうち写真奥にある一番小さいものがクリスマスプディングと呼ばれ、伝統的なクリスマスのデザートです。
生地にドライフルーツ、ナッツ、ナツメグ、シナモンがスパイスとして混ぜてあり、ラム酒やブランデーが使われる物もあるため、濃厚でガッツりとした大人の味わいです。

blog-london-190108_08.jpg

最後は久しぶりにジェンガをして遊びました。
別にこれはイギリス伝統ではありません。笑

blog-london-190108_09.jpg

皆様、今年も素晴らしい1年にしてくださいませ。


カシラロンドン店一同

CA4LA LONDON | FACEBOOK

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

SUPERDUPER HATS トランクショー レポート

Date.2018 12 20 Author.CA4LA.COM

11/30(金)、12/1(土)、CA4LA表参道店でイタリアのハットブランド〈SUPERDUPER HATS〉のトランクショーを2日間開催しました。

SUPERDUPER_trunkshow2018_01.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_02.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_03.jpg

デザイナーのマッテオ・ジョリが来日し、

店頭でハットのカスタマイズを行った2回目となるトランクショー。


今回はトランクショー限定の上質なラビットファーフェルトのハットに、ワッペンとハットリボンのスペシャルキットも販売。

前回大好評だったハットのブロッキングや刺繍などに加えて、ブリムカットやスタンピングも行い、

さらにバリエーション豊かなカスタムをお楽しみいただけるトランクショーになりました。 

 
 


・マッテオの作業風景

SUPERDUPER_trunkshow2018_04.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_05.jpg

なかなか目にすることができないのが、ひとつの帽子がその形をなすまでの姿。


好みの長さにつばをカットし、一人ひとりの頭の形や好みに合わせてブロッキング。 

マッテオがお客様一人ひとりとコミュニケーションをとり、身長や髪の長さによってもバランスを調整しながら慎重に進めていきます。

SUPERDUPER_trunkshow2018_06.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_08.jpg

ときには様々なリボンをボディに合わせて巻き、 色とりどりの手刺繍で彩られていくスペシャルハット。

そこに"サンライズ" 、"目"、"サボテン"など、様々な模様のオリジナルスタンプが押されると、世界に一つだけのカスタムハットの完成です。

SUPERDUPER_trunkshow2018_07.jpg

お客様のリクエストに丁寧に応えながらカスタムをするマッテオの姿。それは来店する人々を惹き付けていました。


 

SUPERDUPER_trunkshow2018_09.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_10.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_12.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_13.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_11.jpg

 


・トランクショーで製作したハットを販売中

今回もお客様それぞれのカスタマイズを楽しんでいただけたトランクショーでしたが、その合間や後日、マッテオはハンドメイドハットをいくつか製作していってくれました。

SUPERDUPER_trunkshow2018_14.jpg

現在CA4LA表参道店でスペシャルキットと共に、継続してこちらのハットも販売しております。

SUPERDUPER_trunkshow2018_20.jpg

ほどよい重量感のラビットファーフェルトで、ダークブラウンとホワイトの2色展開です。

こちらは全て、デザインやサイズの異なる一点物となっておりますので、

ぜひこの機会にご覧くださいませ。

SUPERDUPER_trunkshow2018_15.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_18.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_17.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_19.jpg
SUPERDUPER_trunkshow2018_16.jpg

回を重ねるごとに充実していく〈SUPERDUPER HATS〉のカスタムトランクショー。
帽子とそれを手に取る人の出会いを何より大切にするデザイナーマッテオの、
物作りに対する熱い情熱と、帽子への愛を強く感じた2日間でした。


今回ご参加いただいた方も、そうでない方も、
引き続き計画して参りますので、次回のトランクショーでお会いしましょう。

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

ぶら歩き in ポートベローマーケット

Date.2018 12 06 Author.FROM LONDON

日本の皆様こんにちは。

最近寒さがぐんと増してきましたね。

ロンドンもいよいよ本格的な冬にシフトしてきました。

毎日曇っていて風は冷たいし、震えながら道を歩いていると、
前からなんと半袖のお兄さんが歩いてくるという
カオスな光景を目の当たりにしています。

でもこれ小学生の時に一人はいたよね、っていうレベルじゃないのです。
道歩いてるとまあまあその辺にいます。

こちらの人は体温が高いのか寒さに強い方が多いので羨ましいです、、!

さて、そんな今日この頃、珍しく天気の良い日がオフだったので、
ポートベローマーケットに行って来ました。

blog181206_ldn_01.jpg
住所:Portobello Road, London W11
最寄り駅:ノッティングヒル駅より徒歩約5分
営業時間:9時~19時(月火水金土)・9時~13時(木)・日曜休
URL: http://www.portobelloroad.co.uk/the-market/

ロンドン最大規模のアンティークマーケットです。
Portobello Roadに約1キロメートルお店や屋台などが並んでいます。
一番賑わうのは、このマーケット、メインの土曜日です。
他の曜日だとところどころお店が閉まっているのでおすすめしませんが、
一応平日は毎日やっている様です。

場所は、Notting Hill駅を出てすぐ、
Pembridge Roadを4~5分歩くと左手にPortobello Roadが見えてきます。

blog181206_ldn_02.jpg

しばらくはこういったカラフルなお家が並んでいて、

すでにインスタ映えが期待できます!

徐々にマーケットのスタート地点に近づいてきました。

blog181206_ldn_03.jpg

こんなお店があったりして、掘り出し物を見つけられそうなわくわく感が漂ってきます!

blog181206_ldn_04.jpg

スタート地点周辺も先ほど同様、美しい豪華なお家に囲まれています。

ノッティングヒル周辺は閑静な高級住宅街なのですね!

さてマーケットに突入です!

blog181206_ldn_05.jpg

土曜日はこんな風に観光客の皆さんでごった返しています。

blog181206_ldn_06.jpg

入り口直ぐにあるアンティークショップは映画「パディントン」の撮影地にもなっています。

blog181206_ldn_07.jpg blog181206_ldn_08.jpg

前半はアンティークマーケットの名の通り、可愛らしい雑貨屋、金物。

blog181206_ldn_09.jpg blog181206_ldn_10.jpg

アクセサリー、おもちゃや古い硬貨、切手、レース、クッションカバーなどなど。

blog181206_ldn_11.jpg blog181206_ldn_12.jpg blog181206_ldn_13.jpg

いろんなお店がひしめきあっています。

対して後半は、フードがメインになっていきます。

blog181206_ldn_14.jpg

多国籍料理の屋台が何軒か続いていて、食べ歩きもできます。

blog181206_ldn_15.jpg

八百屋さんや果物屋さんもあります。

ところで、ノッティングヒルと言えば、映画「ノッティングヒルの恋人」ですよね。ご存知の方も多いと思います。

もちろんあの映画はこの周辺で撮影されています。

blog181206_ldn_16.jpg

上はヒュー・グラント扮するウィリアムが経営しているという設定だった本屋さん。

下はウィリアムの家だったドア前でひっきりなしにヨーロッパ人観光客たちが記念撮影をしている様子。

blog181206_ldn_17.jpg

これ実は普通のお家なので、今も中には一般の方がお住まいになっています。

ドアにらくがきされたりして大家さんは大変そうですね。

blog181206_ldn_18.jpg

これはウィリアムがジュリア・ロバーツ扮するアナにオレンジジュースをかけてしまう出会いの交差点。

映画を見たことがある方なら一度は訪れてみたいスポットの数々。

これら全てポートベローマーケット沿いにあり、ショッピングしながら人気スポットめぐりも出来ちゃうわけです。

blog181206_ldn_19.jpg

さて、この高架下をくぐれば一気にラストスパートです。

この辺りになって来ると服飾関係のお店が多くなってきます。

blog181206_ldn_20.jpg blog181206_ldn_21.jpg

大きなテント下にはヴィンテージのお洋服がたくさん並んでいます。

向かい側にはフード屋台が密集したフードコートのようなエリアがありました。

blog181206_ldn_22.jpg

細かく見て回ると半日は楽しめるマーケットになっています。

観光の際は必ず所持品を注意深く確認し、スリに遭わないよう気をつけてくださいね。

Cheers!

CA4LA LONDON | FACEBOOK

CA4LA instagram

CA4LA facebook

CA4LA Twitter

CA4LA ONLINE STORE

cart online shop
ページトップへ