帽子の肖像 Profile.14 Ryoji Imaizumi | FEATURE(特集) | CA4LA(カシラ)オフィシャルサイト | CA4LA(カシラ)は帽子文化を世界に発信します CA4LA CA4LA MEMBERS CA4LA MEMBERS 検索 マイアカウント マイアカウント アカウントアイコン カート スナップ ログイン お気に入り お気に入り お気に入り お気に入り マップ マップ マップ マップ 矢印 矢印 TEL TEL //*---- ▼ ここからSNS ----*// Facebook Facebook Google + はてぶ Instagram LINE LINE Pinterest Pinterest Tumblr Twitter YouTube YouTube WEAR
帽子の肖像 Profile.14 Ryoji Imaizumi

帽子の肖像 Profile.14 Ryoji Imaizumi

CA4LA presents “PORTRAIT IN HAT”
連載 : 「帽子の肖像」

Profile.14

Ryoji Imaizumi

帽子が本当に似合う人。それは格好良く年齢を重ねた大人かもしれない。
スタイルの変遷、年輪が醸し出すものが、帽子をかぶった肖像に現れる。
連載「帽子の肖像」では、2枚のポートレート写真、そして5つの共通質問に対する短い言葉から、帽子の達人たちの肖像を浮かび上がらせます。
14回目は、ファッションの世界で活躍を続けるヘアスタイリストのRyoji Imaizumiさん。


5 QUESTION TO
Ryoji Imaizumi

“古くなってボロボロになっても、直しながら使い続けるのが好きなんです”

 

あなたが帽子をかぶり始めた時のことを教えてください。

若い頃は帽子をかぶっていなかったのですが、ニューヨークやパリでヘアの修行をして2007年にフリーになって、またニューヨークに戻った時からです。ひとりのモデルの女の子が好きになり、一緒に旅もした旅先で別の男に持って行かれて、傷ついていたら、その男の友達が「スーパーマン」のロゴが入った麦わら帽をくれたんです(笑)。「すごく似合うよ!」と言ってくれて。確かに似合うので、それをボロボロになるまで3年くらい毎日かぶり続けて、そこから帽子をかぶる生活になりました。その帽子は今も修理しながら大切に持っています。

 

あなたが憧れる(憧れた)帽子をかぶる人とは?

やっぱりミュージシャンのしている格好ってカッコいいじゃないですか。音楽とファッションって常にリンクしているし、子供の頃はマイケル・ジャクソンにも憧れました。90年代にニューヨークにいた時には映画『ニュージャック・シティ』に出てくる黒人の帽子スタイルとかも少し真似しましたけど、一番影響受けたのはネリーっていうラッパーがバンダナをしてカウボーイハットをかぶってクルマに乗っているPV。実は僕のスタイルにはそれが根底にあるのですが、知らない人にはよく「ジャック・スパローみたい」って言われます(笑)。

 

あなたが帽子をかぶる時に気をつけていることを教えてください。

帽子をかぶる時は必ずバンダナをしています。それはスタイル的なことでもありますが、もう一つの理由として、帽子の内側が汚れないというのがあります。僕はいつも同じ帽子をかぶることが多いので、そこは結構重要なんです。だから帽子を選ぶときはバンダナありきのサイズ感。実はバンダナにもこだわりがあって、ありとあらゆるバンダナを何百枚も買って試したのですが、結局このLevi’s®のこの柄しか使わないので、同じものを3枚買いました。僕は髪型もそうなんですけど、気に入ったスタイルを変えないタイプなんですよね。

 

今日かぶっている帽子について、教えてください。

これは56年前に買ったKIJIMA TAKAYUKIで、ブラウンと黒の2色を買いました。このツバ広の型が好きなのですが、さらに自分が好きな形にアレンジしているし、アクセサリーも自分で買って付けています。帽子でも服でも、身につけていて少しでも違和感があると、どんどんカスタマイズしちゃうんですよ。古くなってボロボロになっても、それを直しながら使い続けるのが好きなんですよね。他にも沢山帽子はあって、それぞれ切ったり、脱色したり、染めたり、蝋を垂らしてみたり色々試していますけど、結局かぶるのはコレばかりです。

 

あなたの人生にとって帽子とは?

僕のスタイルにとって欠かせないものでもありますが、帽子ってやっぱり気合いが入るスイッチというか、一段階気持ちのレベルが上がるものだと思います。かぶるだけでストロングスタイルになれるというか、そういう存在ですね。

撮影:清水健吾
編集:武井幸久(HIGHVISION)

 

 

Ryoji Imaizumi / リョージ イマイズミ

1990年に16歳で渡米し、ニューヨークのサロンで勤務。1998年からニューヨークのバンブルアンドバンブルサロンにて勤務し、1999年に渡仏。パリのLaurent Philippon氏に師事し、2001年に独立。2008年には拠点をニューヨークに移し、shu uemura art of hair とクリエイティブディレクターとして契約。ヘアショーやワークショップ等も活動開始。ファッションのみならず、ミュージシャンからのリクエストも多く、人形やお菓子をも用いた独創的なスタイルを創作することでも評価が高い。

RYOJI IMAIZUMI | UM / Artist Representative. | Instagram

CA4LA MEMBERS カシラメンバーズ

新商品紹介やキャンペーン、会員様限定イベント情報など、最新ニュースをメールマガジンにてお知らせいたします。

MORE